SALMO SAX















このホームページはサックス奏者、山内 桂(やまうちかつら)の演奏活動記録です。中央の音楽シーンからは遠く離れた地で、長い時間をかけて独自の瑞々しい音楽を醸し、比類なき独特のサウンドと語法が新たな出会いを求める。

●スケジュールその他のお問い合せは
お気軽にこちらまで(山内桂)
salmosax@oct-net.ne.jp
※断わり無き転載はご容赦願います。



山内桂のCDアルバム紹介

Ftarri Collection 7
Ftarri Collection 7
2013


Ftarri Collection 4
Ftarri Collection 4
2013


Spanien
Spanien
jvtlandt(Denmark) 2013


Three Rushes
Three Rushes
2010


Yokutojin/浴湯人
Yokutojin/浴湯人
2012


朝 見
朝 見
jvtlandt(Denmark) 2010


祝 子
祝 子
salmosax ensemble 2008


★MUSICサンプル試聴版
・Salmo (another take)


シグナル4
Signal to Noise Vol.4
2007


シグナルノート
Signal to Noise Vol.2
2007


winter2007
WINTER 2007


サードアルバム
PATIRUMA 波照間
2007


LA
LA DRACHE 白雨
2006


ALBUM
SALMO SAX
2003

CD解説
キャットフィッシュ
CD取扱店一覧


Contact
salmosax@oct-net.ne.jp



イントロデュース
大友 良英

INTERVIEW (English) 1
improvised music from japan

インタビュー 2
音場舎通信 北里

アムステルダム滞在紀
山内 桂

欧州即興紀行
山内 桂

トフのモノローグ
tofu-tokiwa

山内 桂と「呼吸」
「AND SO ON」吉村 光弘






Salmo Band
Katsura Yamauchi(sax)
Kouta Hurusawa(as)
Keiji Koide(b)
Kenji Umeki(ds)



●スケジュールその他のお問い合せは
お気軽にこちらまで(山内桂)
salmosax@oct-net.ne.jp


サルモ・サックス
このホームページはサックス奏者-山内 桂の演奏活動記録です。
MusicCD


「大学時代にジャズや即興演奏に狂っていたぼくは、就職以降登山にのめり、やがて単独スキー登山に狂っていった。また無積雪期の渓流釣りも狂い、そんな狂った20数年間、全国の山々を駆け巡って過ごした。そうして普通の人が見ることのない、狂おしいあまたの光景を見てきたが、特に山奥の渓流の輝きに胸をときめかせた。 それはCD「祝子」に収められた写真集に結実し、山と水と音楽が結びついた。
映画を作ろうと思った。知識も経験も何もないまま、心のときめきを大事にするためにカメラを手に入れて水の撮影をし続け、あとの作業は考えなかった。
そうして生まれた「ホフネン」が2つの国際映画祭に入選したこと、自分の感性が伝わる人が世界にはいるという喜びは大きかった。
ホフネンの完成に関わりなく水の撮影を続けているが、それは予定とか計画とか意図とか、計算とは異なる世界の出来事だ。自然=宇宙との交流を楽しんでいるのだと思う。」   (2014年 山内 桂)


I was crazy to jazz and improvised music in university. After graduating, embedment in climbing, went crazy soon alone ski mountaineering. And mountain stream fishing of non-snow season was also crazy. Such crazy more than 20 years, spent twirling the Japanese mountains. Thus not be seen by ordinary people, but I have seen the crazy a lot of spectacle, was especially impressed by the brilliance of the mountain stream. It culminated in the matches was photo album to CD “Houri”, mountains and water and the music was tied. I thought going to make a movie. Also remains that has nothing, not even experience knowledge, and put into the hands of the camera in order to take care of the heart of the excitement continued to the shooting of the water. Thus was born "HoFuNeM” was accepted for the two International Film Festival. Joy that people are in the world to understand my sensibility was great. Although I have continued for a further shooting of the water, it has nothing to do with the plans and intentions and calculations. I’m enjoying the interaction with the natural = universe.
- Katsura Yamauchi - 2014




上映予定 (及び 記録)・screening schedule


●04/15  ハルリ上映 @レトロフト(鹿児島市)
●03/18  ハルリ上映 @Six Space(Hanoi, VIETNAM)
●02/27  ハルリ上映 @Sao La(Saigon, VIETNAM)
●01/14  ハルリ上映(サルモ小祭) @AtHall
2017年---------------------------------------------------------------------------------------------

●11/27  ハルリ+演奏+ハエちち(ダンス) @森のごはんや(大分市野津原栗灰の森)
●10/12  “HoFuNeM” + “HaRuLi” + sax solo @Red Gate Arts Society (Vancouver, CANADA)
●04/29  ハルリ+演奏 @大分県県立美術館
●02/27  “HaRuLi” + sax solo @琴園藝文空間(台北市、台湾)
●02/25  “HoFuNeM” + “HaRuLi” + sax solo @江山藝改所(新竹市、台湾)
●02/24  “HoFuNeM” + “HaRuLi” + sax solo @(高雄市、台湾)
●02/21  “HaRuLi” + concert @(高雄市、台湾)
●02/17  “HaRuLi” + sax solo @Forro Cafe (台中市、台湾)
●01/17  ハルリ+演奏 @space eauuu(神戸市)
2016年---------------------------------------------------------------------------------------------

●12/04  “HoFuNeM” + “HaRuLi” + sax solo @Mettlework (SINGAPORE)
●11/30  “HoFuNeM” + “HaRuLi” + sax solo @Da Huang Pictures (Kuala Lumpur, MALAYSIA)
●11/21  “HaRuLi” @BANGKOK UNDERGROUND FILM FESTIVAL
●11/01  ハルリ+演奏 @大分県県民の森・青少年の森展示館
●10/04  ハルリ+ホフネン+演奏 @カフェスペース・バルバ(福岡市)
●10/03  ハルリ+ホフネン+演奏 @カフェスペース・バルバ(福岡市)
●08/30  ハルリ+演奏 @米山(岩手県盛岡市)
●07/19  ハルリ+演奏 3回初上映 @AT HALL (大分市)
●06/23  “HoFuNeM” + sax solo @能盛興工廠(台南市、台湾)
●06/20  “HoFuNeM” + concert @Ruh Cafe(高雄市、台湾)
●06/07  ホフネン上映 @カモシカ書店(大分市)
●04/13  ホフネン+演奏 @酒場「月」(福岡市)
●03/15  ホフネン+演奏 @レトロフトチトセ リゼット広場(鹿児島市)
●01/12  “HoFuNeM” + sax solo @Lostgens Contemporary Art Space (Kuala Lumpur, MALAYSIA)
2015年---------------------------------------------------------------------------------------------

●11/30  ホフネン+演奏 @アムリタカフェ(三重県津市)
●10/18  “HoFuNeM” + sax solo @Twisted Pepper (Dublin, IRELAND)
●10/16  “HoFuNeM” + sax solo @The Guesthouse (Cork, IRELAND)
●10/10  “HoFuNeM” + sax solo @Ausland (Berlin, GERMANY)
●10/08  “HoFuNeM” + sax solo @KiM (Munich, GERMANY)
●09/27  “HoFuNeM” + sax solo @Atelier de L’etoile (Besancon, FRANCE)
●09/25  “HoFuNeM” + sax solo @Bibliothek_Harappa (Zurich, SWISS)
●06/07  ホフネン+演奏 @熊本市現代美術館(熊本市)
●05/31  ホフネン+演奏 @アップリンク(渋谷区)
●05/27  ホフネン+演奏 @CINEMA AMIGO(神奈川県逗子市)
●05/25  ホフネン+演奏 @富雪ギャラリー(山梨県甲府市)
●05/24  ホフネン+演奏 @COTEF(浜松市)
●02/25  ホフネン @AT HALL
●02/24  ホフネン @AT HALL
●02/23  ホフネン 2回上映 @AT HALL (大分市)
●02/22  ホフネン+演奏 @アートスペース・テトラ(福岡市博多区)
●02/21  ホフネン+演奏 @ギャラリーソープ(北九州市小倉北区)
2014年---------------------------------------------------------------------------------------------

●11/27  ホフネン+演奏 @UrBANGUILD (京都市)
●11/23  ホフネン+演奏 @Kapo(金沢市)
●11/22  ホフネン+演奏 @Kaede Gallery + full moon(新潟市中央区)
●11/18  ホフネン+演奏 @スーパーデラックス(東京都港区)
●11/13  ホフネン+演奏 @モノコト (名古屋市)
●11/09  ホフネン+演奏 @space eauuu(神戸市)
●10/27  ホフネン+演奏 @米山
●10/26  ホフネン+演奏 @米山
●10/25  ホフネン+演奏 @米山(岩手県盛岡市)
●09/20  ホフネン@トラム(大分市)
●10/19  ホフネン@トラム(大分市)
●06/30  ホフネン+演奏 3回上映 @AT HALL (大分市)
2013年---------------------------------------------------------------------------------------------



[サルモ・ドキュメント/Salmo Document】

数年間のフィールドでの撮影活動風景を「サルモ・ドキュメント」としてまとめました。
(the field activities)



(https://www.youtube.com/watch?v=khyCxLImyuM)




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
HuuA・フウア 
(2017. 5. 1) 25min.

*水の精が山から海を漂い歌い戯れる。水の抒情詩第3部。
(Fairy of water goes and comes round mountain and sea playing and singing. Lyric poems of water Part 3.)


(あらすじ)
水の精が水を通して映し出す宇宙と優しさ。 水の精は歌い戯れながら山から海に降りそしてまた山に還る。すべてはひとつであり循環している。そこには調和があり、破壊さえその一要素に過ぎない。永遠の繰り返しでありながら同じ一瞬もない。

(storyline)
Fairy of water shows us universe and its affection through water. She goes and comes round mountain and sea playing and singing. Everything is one and circulating. There is harmony there, even destruction is only one element. Even though it is eternal iteration, it is not the same moment.




・山内 桂(監督・音楽・撮影・サックス)
・関 祥子(水の精)
・安田敦美(歌)
・サガイン(山内桂/サックス、ヒュー/ギター、米増博俊/ベース)


・Katsura Yamauchi (director, camera, music, sax)
・Shoko Seki (fairy of water)
・Atsumi Yasuda (vocal)
・Sagaing (Katsura Yamauchi /sax, Hugh /guitar, Hirotoshi Yonemasu /bass)








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
HaRuLi・ハルリ 
(2014 / 7) 25min.

*ホフネンに続く第2作。山の中の名もない小さな池の「水の叙情詩」

(The second movie following the “HoFuNeM”. “A lyrics of water” in unnamed pond in mountains.)


(あらすじ)
水の精が水を通して映し出す宇宙、そして人の心。
バラバラになってしまった世界。過去と未来、月と太陽、女と男、、、今すべてが和へ向かおうとしている。
哀しみ、寂しさ、迷いもまた良し。雪の清楚、氷の秘めたエネルギー、森の迷路の心地よさ。
新月から三日月、半月、満月への変遷の中で、遠くから呼び合う声はやがてコーラスになり、楽器も加わってあらゆるものが集まり祭となる。
水の精は問う、「もういいかい?」 

(storyline)
Fairy of water shows us universe and human mind through water.
She says ; “Everything has been separated, , , past and future, the moon and the sun, man and woman, , , but now they are going to be a harmony. Everything is changing. Even big changes, they are chances for mankind to reach a festival. Enjoy neat and clean of snow, energy hidden into the ice, comfort of the maze of forest. You can enjoy sorrow, loneliness and ambivalence.”
Voices call each other from a distance become a chorus before long, the sounds of the instruments as well put together. Everything gathers, and becomes a festival, in transition from new moon, crescent, half moon, full moon to.
Finally, she asks us, “Are you ready?”




・山内 桂(監督・音楽・撮影・サックス)
・倉地久美夫(歌)
・二宮綾子(歌)


・Katsura Yamauchi (director, camera, music, sax)
・Kumio Kurachi (vocal)
・Ayako Ninomiya (vocal)




[予告編/Preview】



(https://www.youtube.com/watch?v=MnstbTnLVfM&feature=youtu.be)



*「ハルリ」は、以下の国際映画祭に入選エントリーされました。
(HaRuLi was accepted to;)

●International Film Festival Villavicencio 2015 (COLUMBIA・コロンビア)

●Festival Internazionale del Cinema d'Arte 2015 (ITALY・イタリア)
https://www.facebook.com/festivalcinemadarte?pnref=story

●Voices from the Waters 2015 (INDIA・インド)

●Asiana International Short Film Festival 2015 (KOREA・韓国)

●Bangkok Underground Cinema 2015 (Thailand・タイ)
http://www.bangkokundergroundfilmfestival.com/#/haruli/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
HoFuNeM・ホフネン 
(2012 / 9) 40min.

"水の精" が歌いそして見せてくれる水の映像

優しさと厳しさ
美しさと醜さ
安定と破壊
男と女
太陽と月
終わりと始まり、、、
最後に観るのは?

自然・宇宙の原点を見せることで未来を暗示、、、読み解くのはあなた



The image of water which the fairy of water sings and shows ;

tenderness and severity
beauty and ugliness
stability and destruction
men and women
the sun and the moon
end and beginning,,,
Does it see at the end?

She suggests the future by showing the starting point of nature and the universe, , , seeing and solving is you!



(あらすじ)
「水の精」が歌を歌い、「絵」を映し出します。 「ホフネン」にはストーリーも台詞もありません。主題歌「カゲ」の歌詞に意味はありません。
でもこの映画の中にメッセージが見つかるでしょう。それは自然(宇宙)の原点を映し出すことによって未来を暗示し、私たちの価値観を変えるものだと思います。
終わりと始まり、美しさと醜さ、安定と破壊、男と女、太陽と月、などを対比させ、または絡ませて。

(storyline)
I have no story for this movie. Theme song "KAGE" has no word. But you maybe find a message in it. I think the movie expresses the future through showing the starting point, and our sense of values will change soon. We have to hold an answer now.
A fairy of water is the symbol of the nature. She sings(no meaning) and shows us a universe. And we see contrast of an end, hope and beauty, ugliness and stability, destruction and a man, a woman, the sun, the moon, etc.
I've spent so lomg time in mountains, woods and rivers, and I experienced surprising spectacles there in my life. And I made a small photo album of water. After that, I decided to make movie of water using my music.
Then I went to my favorite river etc. for four seasons for two years. I got many pictures that water gave me as presents. I chose and put them. They are my impulses and impressions which came from water and universe.
This movie which is not concreteness or abstraction, either was completed.




・山内 桂(監督・音楽・撮影・サックス)
・ゑでゐ鼓雨磨
・広瀬帆南(水の精)


・Katsura Yamauchi (director, camera, music, sax)
・Eddie Corman(Eddie Marcon)
・Honami Hirose (fairy of water)




HoFuNeM・ホフネン

[予告編/Preview】
水のみを映した40分の映画です。カメラを買うところからの、まったくゼロから始めた映画制作でした。



https://www.youtube.com/watch?v=75gPOQzvGl8




*「ホフネン」は、ハンガリーとバグダードの国際映画祭に入選エントリーされました。
(HoFuNeM was accepted to;)

●MEDIAWAVE 2013 International Film Festival (Hungary・ハンガリー)
http://mediawavefestival.hu/index.php?modul=filmek&kod=7913&nyelv=eng

●Baghdad international Film Festival 2013(Iraq・イラク)
http://www.baghdadfilmfest.com/festival/2013/submission/270







/ TOP / CONCERT SCHEDULE / ANOTHER SCHEDULE / BLOG / MUSIC & CD / PROFILE / REVIEWS / PHOTO / MOUNTAIN / AQUA / LINK / HOME /

 Salmo Fishing Association © Katsura Yamauchi 2003